『エルボラーチョ 日本橋店』雰囲気たっぷりの店内で楽しむ、メキシカンランチ!

2020年12月7日

こんにちは。
日本国内で各国料理を食べ歩いて世界一周を目指す!
旅行好き社会人のとみじと申します。

記念すべき第1回目は、メキシコ料理です。
先日テレビ番組でメキシコ料理特集をやっていまして、猛烈にタコスが食べたくなったのです。

そして、お買い物がてら行けるお店をリサーチして見つけたのが
東京 日本橋にある『エルボラーチョ 日本橋店』

『エルボラーチョ』は、福岡に本社を構えるメキシコ料理チェーン店です。
社長さんは、現地まで単身で料理を学びにいった方。
本物のメキシコ料理を食べてほしいとの思いで、お店を展開されています。

さて、どんな料理が食べられるでしょうか?

そういえば…メキシコってどこ?

異国気分を存分に感じるために、まずはメキシコという国についてチェック。
北米(ずっと中米かと思っていました)に位置する国で、日本からは直行便で約13時間かかります。

東京と首都メキシコシティとの時差は、なんと15時間!
東京が昼12時のとき、現地は前日の夜21時ということになります。

今やコンビニでも売られるようになったブリトー、トマトが効いたサルサソースなどは日本人にも馴染み深いと思います。
豊かな食文化、マヤ文明をはじめとした古代文明遺跡、陽気でおおらかな国民性etc. 魅力たっぷりなメキシコ。

今日は、その魅力の中から「食」を存分に味わってきます。

三越前駅・新日本橋駅直結でアクセス抜群

今回のお店『エルボラーチョ 日本橋店』は、コレド室町2の2Fにあります。
コレド室町は、

  • 東京メトロ半蔵門線・銀座線「三越駅」A6番出口
  • JR総武線「新日本橋駅」

の2つの駅から直結となっており、雨の日でも安心。

わたしは東京メトロ東西線「日本橋駅」から歩いて行きました。
所要時間は7分くらいです。
東京駅からも歩いて10分強と、複数の駅からアクセスしやすい場所にあります。

COREDO 室町2、初めて来ましたがおしゃれな建物ですね。
付近には、三井本館や三越本店など重厚な建築物が多くあり、歩いているだけで上品な気持ちになってきます。

カラフルで異国感たっぷりの店内

エスカレーターで2階に上がり、案内マップを見て店舗に向かいます。
到着時間は昼12時10分、店内にまだお客さんはいません。
ランチタイムの一番乗りだったようです。

テーブル席・カウンター席・ソファ席があり、
おひとり様のわたしはテーブル席に通してもらいました。
カウンターがあると一人でも入りやすいですね。

そして店内を見回した瞬間、心の中で「かわいい!!!!!」
お祭りのようにカラフルな装飾がされていました。
垂れ下がっているのは、パペルピカド(Papel picado)というメキシコの切り絵細工です。

メキシコいちのお祭りである「死者の日」にはこれが街中に飾られるんだとか。
クリスマスや結婚式、ホームパーティーなどイベントごとで使われるそうです。

店内には、ズンチャカズンチャカとこれまた現地っぽい音楽が流れています。
目をつむるとそこは、ディズニーシーのロストリバーデルタ。
レイジング・スピリッツのアトラクションの音が今にも聞こえてきそうです。

視覚、聴覚はすっかりメキシコ気分になりました。
次は味覚をメキシコに飛ばしたいと思います。

人気No.1はジューシーなチキンソテーランチ

ランチメニューはこちら。

わたしは人気No.1と書かれている、

『鶏モモ肉のメキシカンソテーランチ』
~サラダ・スープ・トルティーヤ・ライス付~
\926(税抜)

をオーダー。
店員さんがキッチンに注文を伝えると、お肉を焼くジュー!という食欲がそそられる音がしてきます。

先にサラダとスープが出てきて、そのあとメインプレートが運ばれてきました。

わーいトルティーヤだ!

まずはサイドメニューをいただきます。
サラダには、サウザンアイランドドレッシングが掛かっています。
スープのお味はコンソメ。
どちらも間違えようのない味付け、美味しさです。

お次はメインのチキン。

表面の皮には程よく焦げ目がついています。
ジューシー、そしてメキシカンらしいスパイシーさで美味しい!
ピリ辛なので、ガーリックライスと一緒に食べると更に美味しいです。

そして一番の楽しみは、やっぱりトルティーヤ。
トルティーヤ(Tortilla)とは、トウモロコシをすり潰し生地をのばして焼いた薄いパンです。
メキシコでの主食で、日本人にとってのご飯のような存在だそうです。

この2枚をいかに楽しむかにかかっています。
生地はさらっとした手触り。
食感はモチモチまではいかないけれど、見た目以上に食べ応えがあります。

【1枚目】
チキンとフライドポテトにサルサソースをかけていただきました。
ポテトは付け合わせであって、挟むものじゃないのでは?
そんな声も心の中で聞こえましたが、いいんです。

タコスは十人十色、トルティーヤに好きな具を挟んで食べれば、それはすべてタコスです。

【2枚目】
チキンとポテトとライスとサルサソース、お皿の上の全てを包んで食べました。
一番存在感があるのはチキンですが、色々な味と食感が混ざって楽しいです。
サルサも辛いのかと思ったら、意外にもフレッシュなトマトソースでした。
全部混ぜ、美味しいです!

油断すると生地の間からサルサソースが垂れてくるので注意です。
わたしは手をべたべたにしながら食べました。(それもまた楽しい)

お会計はテーブルで行います。
税込1,000円をお支払いして、ごちそうさま。

まとめ

料理、音楽、装飾と五感でメキシコを感じられて満足です。
コレド室町の中にあって周囲も店内もきれいですし、
他の店舗との仕切りがなく、オープンな空間で女性やおひとり様も入りやすいエスニック料理店だと思います。

日本で食べる世界の料理
現在1か国達成!

店舗情報

関連ランキング:メキシコ料理 | 三越前駅新日本橋駅小伝馬町駅